カネボウ白斑問題に学ぶ会TOP > カネボウの白斑問題 > 白斑問題はなぜ起こったか?

カネボウの白斑問題はなぜ起こったのか?

ココでお伝えすること

2013年に7月に大々的に報道され、大問題になったカネボウ化粧品の白斑問題について、なぜ起こったかについて解説します。

美白成分のロドデノールが原因

医薬部外品としてお墨付きだったのに。。。。

カネボウの白斑問題の要因として考えられているのは、カネボウ化粧品が開発した「ロドデノール」という美白成分です。


日本人の美白熱は世界でも指折りでどこの化粧品メーカーにとっても美白化粧品は一番の売れ筋だといいます。 カネボウ化粧品にとってもそれは例外ではなく、わざわざ独自の美白成分を開発し、特許を取得したうえで自社製品に配合していたわけです。


このロドデノールですが、チロシナーゼ活性を阻害することでメラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすの原因を防ぐという作用があるもので、 その効果については2008年に厚生労働省から医薬部外品として承認を受けているものなんです。


そんな国の安全基準を満たし、効果と安全性について承認を受けた美白成分が問題を起こしてしまったということ、 カネボウというブランド力のある企業が引き起こした事件であること、毎日スキンケア化粧品を使う女性にとっては対岸の火事ではなかったことが カネボウの白斑問題が世間から注目された理由といえます。


しかし、実のところ、ユーザー以上に顔面蒼白になっていたのは承認した厚生労働省の人達だったという事実はあまり知られていません。


普通、美白成分の作用というのはメラノサイトの活動を抑える程度のものなんですが、白斑という症状はメラニンを生成するメラノサイトが消失してしまうことで起こる肌の症状ですから、 よほどの強い漂白効果があったと考えられるわけですが、それが開発の段階、そして厚生労働省の審査の段階でわからなかったというのがちょっと不思議なんですね。


(※後の調査で安全性問題についての議論が不十分でかなりずさんな形で医薬部外品として承認されてしまったことがわかっています。 問題をすべてカネボウ化粧品に押し付けて、自分は知らん顔している点はさすがお役所・役人といった感じです。)


今回の白斑問題は特に薄い皮膚でもある首の白斑被害が最も多く報告されていること、化粧水・美容液・乳液、クリームとロドデノールを含む美白アイテムを ラインで使って重ね塗りしている人ほど症状が強く出ている傾向があるという特徴があるようです。


ただ、ロドデノールが関与して白斑を発症したのは間違いないんですが、開発や審査の段階で危険性を見抜けなかったようにロドデノール単体が原因ではなく、 何かプラスアルファの要素が加わったことでメラノサイトが消失するほどの漂白作用が発揮されたのでは?という意見もあって、原因究明とはいっていない段階だということです。

販売開始から3年経った2011年に被害相談がはじめて寄せられている点

白斑=放射能被爆説もあったり....

ロドデノールが厚生労働省からシミ・そばかすに効果のある新しい医薬部外品有効成分として認可されたのは、2008年のことです。 実際にロドデノールを配合した化粧品を販売しはじめたのが2008年の9月頃だといいます。


はじめて被害相談が寄せられたのが2011年の10月、2012年にはカネボウ化粧品を使って白斑の症状がでた患者を診察した医師がカネボウ化粧品に 危険性を指摘していたということが今現在の調査でわかっていることです。


でも、不思議なことに販売開始から3年ほどは被害は確認されていませんでした。


これについては因果関係が明らかになっていないのであくまで憶測になりますが、白斑が発症し始めたのが2011年以降ということで東日本大地震による 福島原発の放射能の影響もあるのではないかと考える人も一部にいるようです。


というのも過去に同じく原発事故に遭遇したチェルノブイリの被爆者の間で白斑症状が確認されているからなんです。


ただ、白斑が被爆の症状であるなら化粧品を使用しない男性や子供、動物の間にも白斑の症状が続々とあらわれてもおかしくないと思うんですが 実際は「ロドデノール含有化粧品を使っていた女性」に圧倒的に白斑被害が集中していル状況です。


日本皮膚科学会によると


・(顔・手の甲・首など)日に当たる部分に外用した方は症状が強い。
・何種類も重ね塗り(ライン使い)した方は症状が強い。


というのが公式見解であって放射能との関連はもちろん男性や子供など化粧品を使ってない層に白斑が増えているということには 触れていないのでやっぱり、白斑=放射能被爆説は苦しいかな?とは個人的には思います。

「カネボウの白斑問題」のその他の記事はコチラ

Page top icon